真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第971800001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
098-800-2162
LINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能ですLINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能です

お知らせ

婚姻を継続しがたい重大な理由とは?!
2019年10月13日

様々な原因に対応できる最終兵器?!


例えば、パートナーの浮気・不倫が原因ではないけれど、

〇お互いに結婚生活を続ける意思が全くない

〇片方に離婚意思がなくても結婚生活が破綻しており、今後回復する見込みがない

などの場合は、民法770条(離婚原因)にある『その他婚姻を継続しがたい重大な理由』に該当します。

パートナーによるDVや、性格の不一致もこれに含まれ、その他、様々な理由にも該当し当てはめることができます。

これは、すでに婚姻生活が破綻していて元通りになる見込みがないのであれば、そうなった理由がどうであれ離婚を認めてもいいのではないか・・・という考えに基づいていると解釈されています。

まさに、法律が認める離婚理由のリーサルウェポン(最終兵器)といえるのではないでしょうか?!

法律が認める離婚事由とは?

浮気の証拠は探偵へ


最終兵器ですが・・・各々の事情で判断される?!


婚姻を継続しがたい重大な理由は、具体的な原因よりも『どれだけ夫婦関係が破綻しているのか』が重視されているようです。

ですから、単に離婚理由が性格の不一致だったとしても実際の裁判では、

〇訴えた側が主張する理由が本当に夫婦関係を壊したのか

〇本当に元通りになれないか

などを裁判官が吟味して最終的に判断することになるので、離婚が認められるケースもあれば、離婚が認められないケースもあるというわけです。

その際、裁判官が判断材料の1つとして重視するものが『既に夫婦関係が破綻しているという証拠』なのです。

DVであれば、暴力や暴言を裏付ける現場での音声データ、暴力で受傷したという診断書が証拠となり、性格の不一致、性生活の不満などであれば、そのせいでどれほど生活がおかしくなっているのか、精神的苦痛を受けているのかを書いた毎日の日記やメモが証拠となるのです。

配偶者からのDVは暴力


婚姻関係の破綻が認められる例


1 性格の不一致(相手の価値観や生活に我慢ができない場合)

→どのような耐えがたいことが起きたのかを裏付ける証拠

2 暴力・精神的虐待(具体的な暴力だけではなく、暴言など精神的な暴力があった場合)

→外科や精神内科の通院履歴など、心と体に傷を負ったことを裏付ける証拠

3 浪費や借金(生活費を一方的に使い込んだりお金を借りて趣味に注ぎ込んだりした場合)

→生活費に困り、通常の暮らしができなくなったことを裏付ける証拠

4 家庭をかえりみない(家事や育児に全く協力しない場合)

→家事・育児を一人で負わなければならないことを裏付ける証拠

5 相手の親族との不仲(双方の親や親族と対立したり不仲になった場合)

→パートナーが間を取り持つ、忠告・意見するなど関係改善に協力してくれなかったことを裏付ける証拠

6 宗教にのめり込む(家庭生活がおろそかになるほど、過度な宗教活動を行っている場合)

→その結果生じた耐えがたい事実を裏付ける証拠

7 飲酒(過度のアルコール摂取により家庭が崩壊している場合)

→夫婦のコミュニケーションがとれない、浪費による暮らしへの影響を裏付ける証拠

8 性生活の拒否・強要(夫婦が性生活に不満を持っている場合)

→その状況に置かれたときの精神的苦痛を裏付ける証拠

9 病気(重い精神病以外で重大な病気を患っている場合)

→相手が結婚に伴う義務を果たせないことに加え、自身はこれまで誠実に助けてきたということを裏付ける証拠


浮気・不倫・離婚の相談は是非プロの方へ!


浮気・不倫や離婚の相談は誰にすべき?!

浮気・不倫の相談、離婚の相談は、親族やご友人に相談するのもありかとおもいますが、1度↑の『浮気・不倫や離婚の相談は誰にすべき?!』を一読して見てください。

個人的には、是非、守秘義務があり客観的立場でお客様にアドバイスを送ることができるプロの人たちへ相談することを強くオススメしています。

プロとは、弁護士、離婚コンサルタント、心理カウンセラー、そして、我々、探偵のことです。

パートナーが浮気・不倫している場合、勿論、御自身や友人などの協力を得て尾行したり証拠を押さえるという方法もありますが、とても根気がいる作業だと思います。

そして、せっかく不貞行為の証拠を掴み、パートナーを問い詰めても、逆ギレされたり、はぐらかされたりしては、元も子もありません。

一探偵としては

『お客様にはもっと前向きなことにエネルギーを使って欲しい』

と考えています。

HOPE沖縄探偵事務所では相談は無料で行っていますし、国際家事問題に精通する相談員、過去に離婚や調停を経験した相談員も在籍しています。

また、離婚問題に強い弁護士やお客様の心のケアとして心理カウンセラーを紹介することも可能です。

もう1人で悩まず、お気軽にお問い合わせ下さい!

必ずお客様の力になります!

伝授!!浮気・不倫の見破り方

探偵流~離婚時の話し合いポイントについて~

探偵,浮気,相談

ARCHIVES
ページトップ