真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第971800001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
女性専用ダイヤル| 相談窓口
098-914-1400

お知らせ

再婚しても養育費は払うべき?!
2020年06月08日

養育費は再婚しても支払う?!


例えば、離婚に伴い、前妻(前夫)に養育費を払ってきましたが、自分自身は別の相手と再婚して子どもができた、若しくは相手の連れ子と養子縁組したとします。

その後、前妻(前夫)も再婚し子どもができた、若しくは再婚相手の連れ子と養子縁組したとします。

そうなると、今までみたいに前妻(前夫)に対して養育費を「支払う必要がある」「支払う必要はない」という疑問があるのではないでしょうか??

その答えについては・・・YES、支払う必要があります。

なぜなら、法律上は、子どもと一緒に暮らしている親がたとえ再婚したとしても自分の子は自分の子だからです。

離婚して親権者でなくなったとしても、法律上の親子関係がなくなることはありません。

養育費は子を扶養する義務に基づいて支払っているものです。

つまり、子どもと一緒に暮らしている親の再婚や自分の再婚に関わらず、自分の子どもである限り、養育費を支払う必要があるのです。

ただ、養育費は双方の経済力に応じて分担するものですから、子どもと一緒に暮らしている親の再婚や自分の再婚によって生じる環境の変化により、減額をお願いすることは可能となっています。

勿論、養育費の減額については、こちらからお願いをする訳ですから、

〇再婚したんだから養育費を支払う必要はない

〇新しい家庭ができたなら養育費は支払わない

等という一方的な話の進め方でまとまるはずがありません。

そして、1番大切なことは『子ども自身はたとえ両親が離婚したとしても自分の親だと思っている』ことを決して忘れてはいけません。

☑離婚の豆知識(養育費)

☑離婚の豆知識(子どもの親権)

養育費は離婚後幾ら位


話し合いのポイント!


再婚などによって扶養すべき家族が増えた場合、収入は限られていますので、前述のとおり、前の配偶者との間の子どもに対する養育費は減額が認められる可能性は高いといえます。

また、養育費はお互いの経済力に応じて分担すべきものですから、前の配偶者が再婚して経済的に安定した場合も養育費の減額が認められる可能性は高いといえます。

そうした場合でも、ハッキリといえることは、ちゃんとした手続きを踏むということです。

手続きを踏まずに勝手に減額した場合には、裁判所から強制執行をかけられる可能性もあるので注意が必要です。

大切なことは、前の配偶者との間の子どももご自身の子どもですし、新しい配偶者との間の子どもや養子縁組した子どももご自身の子どもということです。

そのとを決して忘れないで下さい。

☑離婚の豆知識(面会交流)

養育費


HOPE沖縄探偵事務所では、浮気・不倫調査をはじめ、素行・行動調査、犯罪に至らない身近なトラブル等についても何度も無料相談を行っています。

米軍人(軍属)との離婚問題に精通する相談員や離婚調停を経験した相談員も在籍しています。

また、離婚問題に強い弁護士やお客様の心のケアとして心理カウンセラーを紹介することも可能です。

人には相談しにくい悩みだからこそ、もう1人で悩まず、お気軽にお問い合わせ下さい!

必ずお客様の力になります!

男と女の浮気の違いについて

☑必読!探偵の選び方はどうするべき?!

ARCHIVES
ページトップ