真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第97180001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
女性専用ダイヤル| 相談窓口
098-893-3600

お知らせ

再婚しても養育費は払う必要があるの?


養育費は再婚しても支払うものです!


例えば、離婚に伴い、前妻(前夫)に養育費を払ってきましたが、自分自身は別の相手と再婚して子どもができた、若しくは相手の連れ子と養子縁組したとします。

その後、前妻(前夫)も再婚し子どもができた、若しくは再婚相手の連れ子と養子縁組したとします。

そうなると、今までみたいに前妻(前夫)に対して養育費を「支払う必要がある」「支払う必要はない」という疑問があるのではないでしょうか??

その答えについては・・・YES、支払う必要があります。なぜなら、法律上は、子どもと一緒に暮らしている親がたとえ再婚したとしても自分の子は自分の子だからです。

離婚して親権者でなくなったとしても、法律上の親子関係がなくなることはありません。養育費は子を扶養する義務に基づいて支払っているものです。

つまり、子どもと一緒に暮らしている親の再婚や自分の再婚に関わらず、自分の子どもである限り、養育費を支払う必要があるのです。

ただ、養育費は双方の経済力に応じて分担するものですから、子どもと一緒に暮らしている親の再婚や自分の再婚によって生じる環境の変化により、減額をお願いすることは可能となっています。

勿論、養育費の減額については、こちらからお願いをする訳ですから、
・再婚したんだから養育費を支払う必要はない
・新しい家庭ができたなら養育費は支払わない
等という一方的な話の進め方でまとまるはずがありません。

そして、1番大切なことは『子ども自身はたとえ両親が離婚したとしても自分の親だと思っている』ことを決して忘れてはいけません。

👉離婚の豆知識(養育費)

👉離婚の豆知識(子どもの親権)

養育費は離婚後幾ら位


養育費の減額する際の話し合いのポイント!


再婚などによって扶養すべき家族が増えた場合、収入は限られていますので、前述のとおり、前の配偶者との間の子どもに対する養育費は減額が認められる可能性は高いといえます。

また、養育費はお互いの経済力に応じて分担すべきものですから、前の配偶者が再婚して経済的に安定した場合も養育費の減額が認められる可能性は高いといえます。

そうした場合でも、ハッキリといえることは、ちゃんとした手続きを踏むということです。

手続きを踏まずに勝手に減額した場合には、裁判所から強制執行をかけられる可能性もあるので注意が必要です。

大切なことは、前の配偶者との間の子どももご自身の子どもですし、新しい配偶者との間の子どもや養子縁組した子どももご自身の子どもということです。

そのとを決して忘れないで下さい。

👉離婚の豆知識(面会交流)

養育費


沖縄に密着したHOPE沖縄探偵事務所


HOPE沖縄探偵事務所は、創業依頼、沖縄県内の浮気調査を多数案件解決してきた安心と信頼の実績がある沖縄の地元に密着した探偵事務所になります。

元刑事の代表、離婚・調停等を経験した女性副代表がお客様の悩みに寄り添いながら調査を行い、調査終了後には、沖縄県内の離婚問題に強い提携先の弁護士へ案件の同席引き継ぎを行っております。

沖縄県内で探偵依頼をご検討の方は、もう一人で悩まず、私達にお客様の悩みを託してみませんか?

👉男と女の浮気の違いについて

👉必読!探偵の選び方はどうするべき?!

ページトップ