真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第97180001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
女性専用ダイヤル| 相談窓口
098-893-3600

お知らせ

探偵が解説!浮気を証明できる強い証拠


浮気の強い証拠~ラブホテル(浮気相手宅)への出入り写真~


ある日、パートナーの浮気を疑ったお客様が探偵に調査依頼をしたとします。

すると、探偵はパートナーが会社の部下の若い子と二人で居酒屋に入り、その後仲良く腕を組んでラブホテル(浮気相手宅)へ入っていく写真を押さえることができました。

後日、お客様がその調査結果を基にパートナーを問い詰めたのですが「確かにラブホテル(浮気相手宅)には入ったけど仕事の相談を乗っていただけだよ」と言い張りました。

普通に考えれば、ラブホテル(浮気相手宅)で仕事の相談をすることなんてありえない!と考えますが、パートナーは全く認めず話し合いに進展がなかったとします。

この場合、せっかく掴んだこの不貞行為の証拠は使えないものなのでしょうか?!

皆さんはどう思いますか??

浮気相手との密会現場の証拠


世の中そんなに甘くない!肉体関係がなかったという言い訳は・・・


一般的に考えて肉体関係が持たれるのは屋内ですから、自ら不貞行為の写真や動画を残してない限り肉体関係そのものを証明できる証拠(直接証拠)を入手することは現実的に厳しいところがあります。

不貞行為の強い証拠としてラブホテル(浮気相手宅)への出入り写真といわれていますが、なぜその写真が証拠といえるのか、理解している人、直ぐに答えられる人は少ないかと思います。

今回は、なぜ不貞行為の証拠としてラブホテル(浮気相手宅)の写真が重要で有効かについて話します。

まず理解して欲しい部分にラブホテル(浮気相手宅)に入る写真を押さえたとしても、その写真はラブホテル(浮気相手宅)に入った事実を証明する写真で肉体関係を直接証明する証拠ではないということです。

だから「浮気ばバレても肉体関係さえ認めなければなんとかなる」と思ってる人がいるのも現状ですが、探偵目線でいえることは世の中決してそんなに甘くないということです。

なぜなら、前述のケースの場合、調停や裁判などでポイントになるのが、

1,一緒にラブホテル(浮気相手宅)に入った事実

2.2時間後に出てきた事実

であり、それが証明できれば肉体関係があったという事実を仮に直接証明できなくても間接的に肉体関係があったと認められる可能性は極めて高いからです、これを法律用語で間接事実による事実認定といいます。

👉浮気・不倫した人が使う言い訳(ラブホテル編)

浮気不倫と探偵


事実の認定は証拠による!HOPE沖縄探偵事務所にお任せ下さい!


間接事実による事実の認定には、知識、経験、技術が必要不可欠です。

一般の方が「これだけ証拠があれば大丈夫」と思うケースでも、プロ(弁護士や探偵)が確認すると「この証拠だけでは弱い」「これだけあれば安心だ」というケースが多々あります。

パートナーの浮気・不倫が疑われる場合、お客様が離婚する・離婚しないどちらの道を選択したとしても浮気・不倫の証拠を収集することはとても大切です。

そして、そのときの最大ポイントは、ズバリ性的関係を証明できるかという部分になります。

勿論、ご自身で出来る証拠収集もありますが、正直1人では限界があるのかと思います。そのような時は、是非、私達の様なプロの探偵に相談・依頼してみて下さい。

探偵という職業は、ある意味そういった方々の「駆け込み寺」という存在でもあるかと思いますし、探偵は調査を生業にしていますので証拠収集のプロともいえます。

そして、調査依頼をお考えのお客様に1番伝えたいことは、その証拠が必ず今後のお客様の強い味方になると断言できるからです。

HOPE沖縄探偵事務所は、創業以来、沖縄県内の浮気・不倫問題を多数案件解決してきた安心と信頼の実績がある沖縄の地元に密着した探偵事務所です。

また、調査終了後には、提携する沖縄の離婚問題に強い弁護士への引き継ぎも同席して行う等、お客様を完全サポート致しております。

もう一人で悩まず、沖縄県内で探偵依頼をご検討中のお客様は私達にその悩みを託してみませんか?

👉探偵の調査手法とは?!~浮気・不倫調査編~

👉必読!探偵の選び方はどうするべき?!

浮気を探偵が解決

ページトップ