真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第971800001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
098-800-2162
LINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能ですLINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能です

お知らせ

嫌疑!浮気の行動パターン鉄板とは?!

浮気が疑われる行動パターンとは?!


お客様がパートナーの浮気を疑う際、そこには、それなりの根拠があるかと思います。

例えば、わかりやすい洋服類でいえば、

〇ジャケットや服から女物の香水の匂いがした(相手と抱き合ったり密着したりした際に匂いが伝染)

〇口紅がYシャツについていた(浮気相手が夜の仕事している場合に多いパターン)

〇パンツに煙草のにおいがついていた(パンツ1枚で煙草を吸う場所といえば・・・肉体関係をもつホテルか浮気相手の家)

などがあると思います。

それ以外にも、パートナーの浮気の疑う行動パターンというものは数多く存在しています。

また、逆に浮気を疑う目の付け所というのは、人それぞれ違ってくるものかと思います。

今回は、世間一般的にパートナーがこれから説明する項目に該当していた場合、浮気を疑ってみては?!という内容を一部紹介します。

ただ、それは裏を返せば、世間一般的な内容になりますので複数該当する場合には、パートナーに対し「浮気を犯したと疑うに足りる充分な理由」があるということではないでしょうか。

浮気調査、不倫調査


其の一、「携帯電話(スマートフォン)にロックをかけている!」


巷でも有名ですが、浮気を察知するきっかけとして、もっとも多いのが「携帯電話(スマートフォン)」ではないでしょうか?

それは、浮気をする為には「浮気相手と連絡をとらなければいけない」からです。

そして、その内容や履歴は、パートナーにバレてはいけず、隠す必要がありますので、携帯電話に「暗証番号」を設定しロックをかけ始めるということは多々あることです。

ロックしている人の中には「紛失した際に会社や取引先に迷惑が掛かるから」という理由でロックをかけている人もいますが、その理由は本当でしょうか??

そうであれば、1度、パートナーに対し、

「会社や取引先に迷惑が掛かるのは分かるけど、私が見ても会社や取引先には迷惑は掛からないはずだから見せて」

と話してみてもいいかもしれませんね。

また、浮気のプロは、あえて携帯電話にロックをかけず、その都度、浮気相手との通話履歴などを消去し証拠隠滅を図る人もいれば、浮気相手専用の携帯電話を持つ人もいます。

それ以外にも、携帯電話をパートナーに見られないように肌身離さずトイレや風呂場などにも持って行く場合やパートナーの前ではあえて携帯電話を触ったり見たりすることがなくなった場合も浮気が疑われるケースといえます。

大切なことは、パートナーの変化に気付き、その違和感を見逃さないことです!


其の二、「残業や休日出勤が増えてくる!」


浮気をする際、浮気相手との「連絡」の次に大切なことは「浮気相手と会う時間を確保」しなければならないいうことです。

1日は24時間と決まっています。

その限られた時間の中で、浮気相手と会うために、パートナーに対しよく使われる言い訳が「仕事」であり、その内容は「残業」や「休日出勤」という言い訳になります。

また、ラブホテルや浮気相手の家にお泊まりしたり、旅行に出かける際に使われるのが「出張」という言い訳です。

勿論、本当に仕事が忙しいという場合もありますが、仕事を言い訳にするのは「浮気の鉄板」といえます。

パートナーを信じることは勿論大切なことですが、残業や休日出勤が極端に増えた場合は、1度、パートナーの給料明細をチェックし、残業や休日出勤の手当を確認することをオススメします。

また、女性が浮気する場合によく使われる言い訳は「仕事」以外にも「習い事」がありますので、それも要注意ということです。

大切なことは、浮気する際は浮気相手との時間を確保する為に、ありとあらゆる手段と方法を使ってくるということです。


其の三、「態度が冷たくなったり、夫婦の会話が減る!」


浮気をしていると、パートナーに対する態度が段々と変わってきます。

冷たくなったり、会話が少なくなったり・・・

これは、浮気相手に夢中な為に、パートナーに対する関心が薄れてきているからであり、その魂胆にあるのは、離婚を切り出す準備をしている可能性もあります。

逆に、浮気をしている場合、罪悪感からパートナーに対し優しくなったり、家族サービスに熱心になったりする人がいるのも事実です。

このような人は「現段階では離婚を考えてなく、こっそりと浮気相手との関係を続けたい」という願望が心の奥底にありますので、万が一浮気がバレた際には、素直に謝罪して離婚を防ごうとする傾向があるといわれています。

ただ経験からいえることは、そのような人でも浮気相手との関係が長期間、密になれば、段々と家族をかえりみず、浮気相手との関係、将来性を望んでくる傾向があります。


其の四、「お洒落になってくる!」


浮気・・・それはある意味「恋愛をしている状況」ということです。

人を好きになる恋愛というのは、誰でも楽しいことであり、幸せなことです。

ですから、好きな人(浮気相手)に気に入られる為には、自分自身を磨く為にお洒落になってくることは自然なことです。

男性でも女性でも分かりやすいものでいえば、「下着類」ではないでしょうか。

それからすると、男性側がお洒落な下着、女性側がセクシーな下着を履いたり、そこに気を使い始めたら要注意といえるかもしれません。

また、浮気相手によく思われたいという願望から、ダイセットを始める人がいるのも事実です。

浮気でも恋愛でも、一般的には肉体関係を前提に付き合っていますので、相手には自分をよく見せたいと思う気持ちがあるのは当然なことではないでしょうか。

そして、服装や髪型以外にも流行に疎かった人が急にそういった物に敏感になった場合も注意が必要です。

それは、浮気相手とデートする為に事前にリサーチしている可能性があるからです。


其の五、「お金を自分で管理し始める!」


浮気をする際に大切なこと・・・それは「資金」です。

お金がないと、デートや食事、そしてホテルも利用出来ないので、浮気するということは、結構出費が重なります。

結婚していたら、通常、妻側が家庭の財産を管理し、夫側にお小遣い制度を活用している夫婦も多々あると思います。

しかし、お小遣い制では、その資金にも限界があるため、パートナーがある日突然、給料口座を別に作ったり、給料の一部を入れる口座を作り、自分で給料を管理し始めたら要注意ということになります。

それからすると、クレジットカードも同じ原理ですので、勝手にクレジットカードを作っていた場合も注意が必要ということです。

ただ、銀行で口座を作った際、キャッシュカードは、通常後日自宅に郵送で届くものなので、パートナーが口座を勝手に開設していた際は、その理由を聞いてみるのもありかと思います。


大切なことは憶測ではなく「証拠」です!


今話した内容は、「浮気を犯したと疑うに足りる充分な理由」ではありますが、あくまでも憶測でしかありません。

では、パートナーの行動から複数該当していた場合、お客様はどうするべきか?

それは「浮気を裏付ける確固たる証拠」を押さえる必要があるということです。

その証拠がなければ、それは憶測でしかなく、パートナーを問い詰めたとしても、自供する可能性は少ないかもしれません。

過去のお客様からは「パートナーから一方的に離婚を迫られ、浮気、不倫している可能性がある」との相談を受け調査したところ、浮気・

不倫の事実確認をし、現在、離婚調停中という案件も複数件あります。

パートナーの不貞行為が原因で離婚する際、探偵が作成する「不貞行為の確固たる証拠を掴んだ調査報告書」は、確実に

お客様の強い味方

になりますし、お客様からも何度も感謝の言葉を頂いております。

警察・刑事時代は数多くの報告書を作成し、裁判所に各種令状請求(強制捜査の必要性、調書、逮捕状、捜索差押許可状等)を行ってきた経験もありますので、調停や裁判での疎明資料として使用出来るポイントを押さえた報告書を作成しています。

HOPE沖縄探偵事務所では相談は無料で行っていますし、国際家事問題に精通する相談員、離婚調停を経験した相談員も在籍しています。

また、離婚問題に強い弁護士やお客様の心のケアとして心理カウンセラーを紹介することも可能です。

もう1人で悩まず、お気軽にお問い合わせ下さい!

必ずお客様の力になります!

男女の浮気には特徴がある?!はこちらを。

浮気相手を成敗!!慰謝料請求はこちらを。

探偵に浮気調査を相談

ARCHIVES
ページトップ