真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第97180001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
女性専用ダイヤル| 相談窓口
098-893-3600

お知らせ

浮気相手と別れさせる方法について


パートナーの不倫・浮気が判明したけど・・・


過去のお客様の中には、ご自身でパートナーの不倫・浮気を疑い、あらゆる手段・方法を使い浮気の証拠を収集したところ・・・どうやらパートナーが黒である可能性が確実となった、でも、現段階ではパートナーとの離婚は考えていないとご相談に訪れたお客様もいました。

そうしたお客様が望むもの、それは、パートナーが不倫・浮気相手(愛人)と別れて、もう一度元の夫婦生活をやり直すことだと思います。

そのような場合、お客様が望む未来のためには、なんとしても愛人と別れてもらわなくてはいけません。

では、そうした場合、お客様がとれる最善の方法の一つが不倫・浮気相手に対し慰謝料を請求することではないでしょうか。

また、隠れて不倫・浮気相手と関係を継続して密会する可能性も否定出来ないので、今後のことを考えると不倫・浮気相手に対し二度と会わないとの確約、つまり、再度、不貞行為が確認出来た場合、金〇〇〇万円の違約金を支払うといった内容の契約を結ぶという方法もあります。

当然ですが、その約束は口約ではなく、文書に残すことが大切であり、法的効力を持つ文書にするためには、弁護士、行政書士の先生に相談し、作成してもらったほうがスムーズに進むと思います。

もし、費用を抑えるために、ご自身で作成する場合は、公正証書にしておくことをオススメします。


不倫・浮気相手との交渉は慎重に!!一歩間違えれば自分で自分の首を絞めかねない?!


不倫・浮気した場合、勿論、悪いのはパートナーです。そして、不倫・浮気相手にも当然ながらその責任はあります。

ただ、だからといって不倫・浮気相手に対し感情にまかせて強気で話したり、暴言を浴びせたりしても良いというわけではありません。

大切なのは、そうした場合でも冷静に対処するということです。

例えば、不倫・浮気相手が会社員、公務員など社会的立場がある人であれば、不貞行為を勤務先に知られることを恐れるケースが多々あります。

そうした場合、相手からしてみれば、勤務先に知られるのを恐れている訳であり、その弱みに漬け込み(利用して)「慰謝料を払わないと会社、勤務先にバラす」という選択をすると、これは当然ながらアウトです。

なぜなら、その行為が刑罰法令、例えば、脅迫罪恐喝罪名誉毀損罪に該当する可能性があるからです。

そういった無用・無駄トラブルを避けるためにも、不倫・浮気相手との交渉は法律に詳しい弁護士にお願いすることをオススメします。


沖縄の浮気調査はHOPE沖縄探偵事務所へお任せ下さい!


不倫・浮気の証拠をご自身で収集するのは、とても根気がいる作業だと思います。

そして、せっかく不貞行為の証拠を掴み、パートナーを問い詰めても、逆ギレされたり、はぐらかされたりしては、元も子もありません。

不倫・浮気の証拠として、かなり有効な証拠・・・それは写真です。

例えば、パートナーと不倫・浮気相手が二人揃ってラブホテルや相手宅などに入っていくのを撮影し、その後、一定時間経ってから二人で出てくるところを撮影できれば、それが「二人きりで、その日、その時刻に、その場所にいた」いうことが証明出来るので、決定的な不貞行為の証拠といえるのです。

また、強い証拠となるためには、パートナーと不貞相手の顔がはっきりと分かる写真であることが前提条件となります。

ご自身で、そうした写真が撮影出来れば良いのですが、そこは正直難しいと思います。

だからこそ、私達の様なプロの探偵がいるのです。

HOPE沖縄探偵事務所は、創業以来、沖縄県内の浮気・不倫問題を多数案件解決してきた安心と信頼の実績がある沖縄の地元に密着した探偵事務所です。

また、調査終了後には、提携する沖縄の離婚問題に強い弁護士への引き継ぎも同席して行う等、お客様を完全サポート致しております。

もう一人で悩まず、沖縄県内で探偵依頼をご検討中のお客様は私達にその悩みを託してみませんか?

👉浮気相手を成敗!!はこちらを

👉不貞行為とは?!はこちらを

探偵に調査依頼

ページトップ