真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第971800001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
098-800-2162
LINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能ですLINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能です

お知らせ

離婚の豆知識(婚姻費用)

婚姻費用とは??


離婚する前に妻が子どもを連れて家を出たときに、夫が生活費を渡さなくなるケースがありますが、そういった場合、妻は夫に「婚姻費用」(生活費)を請求することが出来ます。

これは同居、別居に関わらず、「夫婦には助け合う義務がある(民法760条)」とされているので、夫のほうに主な稼ぎがある場合、夫は妻に婚姻費用を渡さなければならないのです。

そして、この婚姻費用の額は夫婦で話し合って決めることが出来ますし、場合によっては財産分与と会わせて婚姻費用の金額を決めることも出来ます。


「婚姻費用の分担」の調停申し立て


夫婦の話し合いで婚姻費用の金額がまとまらない場合は、「婚姻費用の分担」を求める調停を申し立てることが出来るので、その場合は、「夫婦関係調停申立書」に必要事項を記載して希望の金額を記入して申請することが出来ます。

「婚姻費用分担」は離婚調停と一緒に進める人が多いようですが、婚姻費用だけの調停申し立ても可能ですし、婚姻費用は「財産分与」「慰謝料」「養育費」みたいにあとからさかのぼって請求することができず、申し立てをした時点からしか払ってもらえないので、生活費を渡さない場合は、先に婚姻費用だけの調停を申し立てることをオススメします。

また、離婚するかどうか判断に困っている場合でも、婚姻費用分担については早めに取り決め書面に残しておくことが大切です。

「婚姻費用分担」の申し立ては、離婚調停の申し立てと同じで、「相手の住居地を管轄する家庭裁判所」または「夫婦が共に希望する家庭裁判所」に申し立てをします。

申し立てをする際は、申立書のほかに、①夫婦の戸籍謄本1通、②収入印紙1,200円、③郵便切手も必要になります。

調停が成立しなかった場合は審判となるので、最終的には裁判所が婚姻費用の額を決定するのを待つ形になります。


調停の間も生活費を請求することが大切です!


調停や審判には何ヶ月と時間がかかるので、その間に生活費がもらえないのは困りますよね。

そういった場合は調停申し立て時に、夫に生活費の支払いを命じる上申書を提出して下さい、これでもなお夫が支払わない場合は、相手に罰金を課せることが出来ます。

また審判の申し立てと同時に「審判前の保全処分」を申し立てる方法もあります。

申し立ての内容を裁判所が認めれば、相手に婚姻費用の仮払いの命令をしてくれますし、これでもなお支払わない場合は強制執行することも可能のようです。

HOPE沖縄探偵事務所ではお客様の要望に応じて専門の弁護士を紹介することも可能です、もう1人で悩まず、お気軽に相談して下さいね。

養育費についてはこちらをご覧下さい

親権についてはこちらをご覧下さい

探偵に調査依頼

ARCHIVES
ページトップ