真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第971800001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
098-800-2162
LINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能ですLINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能です

浮気/不倫調査

浮気・不倫の可能性?!

浮気・不倫は、テレビやドラマの世界での出来事で、自分とは無縁の世界、まさかパートナーが浮気・不倫するはずがないと思っていませんか?

自分の愛する夫・妻(彼氏・彼女)が浮気・不倫しているとは、正直、誰も考えたくありませんが、現代社会では何かきっかけがあれば、「まさか?!」と思える普通の人でも始まる可能性が高いものなのです。
そして、もし、パートナーが浮気・不倫をしている場合、少なからず、その生活環境に大なり小なり変化が起こります。

例えば、「残業時間が増えた」「帰りが遅くなった」「飲み会が増えた」「週末出勤が増えた」「携帯電話にロックがされ、家の中でも持ち歩くようになった」「LINEやメールをこそこそ隠れて誰かに送っている」等があります。

勿論、今話した内容だけで、即浮気をしているとは言い切れませんが、パートナーの浮気を見極める大切なポイントは、パートナーが発する違和感や些細な変化に気付き、お客様自身がそのことにちゃんと向き合うということです。

そうすることにより、相手の嘘や行動の矛盾点等が徐々に見え始め、早期に浮気・不倫を見破ることができ、不倫・浮気で負う可能性のある心の傷も最小限度で抑えることが出来ます。
しかし、浮気・不倫の証拠がなくパートナーを問い詰めた場合、はぐらかされ、否定される可能性が高く、パートナーは、今まで以上にお客様のことを警戒して相手との関係を継続させる可能性もあります。

また、お客様自身も、その不安が解消されない限り、パートナーの行動一つ一つが怪しく見え、毎日、疑心暗鬼な状態では、ストレスもたまり、精神的にも肉体的にも辛く苦しい日々が続くと思います。
そのためにもお客様ご自身が真実に目を背けず、真実を知ることが大切なのです。

浮気・不倫の可能性?!

浮気の証拠とは?!

第三者が見ても明らかに不貞行為があったと分かるものが重要

例えば、パートナーの携帯電話の履歴やメール・LINEから浮気相手とのやり取りを発見し、お客様がパートナーを問い詰めても相手は素直に認めるものでしょうか?
「被疑者は嘘を吐くもの」これは警察でよく言われている言葉ですが、自身に非がある場合本当のことを話すのは怖く、自己に不利益な供述(話)もしません。

刑事時代は、そういう否認被疑者を自供させるために、心情に訴える取調べを何度もしてきましたが、最終的に否認被疑者が自供したのは、決定的な証拠を突き付けた場合が多かったです。
また、浮気・不倫を経験した8割以上の方が「浮気を全く認めなかった」又は「初めは認めていたが裁判では否定した」と話されています。

では、なぜ否定するのか?それは、最初に話した内容の証拠では、離婚調停や裁判の場で相手が否定した場合、不貞行為を立証する証拠としては弱い部分があるからなのです。

他にも、不定行為を立証するのが難しい証拠の例としては、

  • 浮気相手とのラブラブツーショット写真
  • 旅行している写真や動画

等が挙げられます。

これらは、「親密な仲」だという証明にはなりますが、例えば、皆さんが裁判官、弁護士等の場合、例に挙げた内容の証拠のみで、その人達の婚姻関係を解消出来るだけの「法的に効力をもつ浮気の証拠」と認める事が出来るでしょうか?

法的に効力をもつ証拠...
それは、ずばり、「不貞行為をした」という証拠です。
「不貞行為とは肉体関係があったかどうかが重要であり、且つ肉体関係は1度だけではなく、継続性が必要です。

浮気の証拠とは?!

一般的に不貞行為の証拠と言われているのは

浮気相手とのラブホテルへの出入り写真

ラブホテルは、肉体行為を前提に利用する場所として一目瞭然ですが、1回程度では、「出来心で…」「魔が差して…」等と言い訳が出来る可能性があるので、法的に不貞行為とみなされず、慰謝料や離婚が認められない可能性もあります。
また、ラブホテルでの滞在時間も重要です。ラブホテルに10分間の滞在と数時間の滞在の場合、客観的に見てどちらの場合、肉外関係があったか分かりやすいですか?

浮気相手とのカーセックス画像やベッドでの男女の写真

カーセックスは言うまでもありませんが、裸の写真やラブホテルの一室等で撮った写真は、恋人同士でなければ存在しない写真なので強い証拠になりえます。

数回以上の浮気相手宅への出入り写真

浮気相手宅の場合、1回の出入りよりも、二人の親密な関係性を証明させる為に何度も出入りし、長時間滞在時間していた等の継続性が重要です。

等が挙げられます。

つまり、1度の浮気の証拠よりも継続的な不貞行為の証拠を押さえる事で不貞行為を立証させる事が出来るので、不貞行為の有効な証拠とは、「継続的な肉体関係の有無」が焦点となってきます。
他にも浮気の証拠として強いもの、弱いものと多々ありますが、ポイントとしては、「第三者が見ても明らかに不貞行為があったと分かるもの」が重要になるのです。

一般的に不貞行為の証拠

親切丁寧を心掛けており、調査に対する自信があります!

一人で悩まず、まずは相談してください。私達が必ず力になります。

探偵に悩みを相談・依頼することは、お客様の人生において一度あるかないかのことなので、探偵事務所に電話を架けるだけでも、大変なプレッシャーと覚悟が必要だと思います。

でも、大丈夫です。お客様には私達がいます!
私達は、「お客様の心に寄り添う」親切・丁寧な対応と「調査のみではなく本当に必要なアフターフォロー」をモットーにしていますし、相談は何度でも無料ですので、どんな些細なことでもお気軽に相談してください。

そして、探偵として調査する上で、刑事の経験があるということは大きな強みでもあり、調査能力は、どこの探偵社よりも高いと自負しています。

浮気・不倫調査の場合、今話したとおり、「不貞行為の証拠」さえとれれば、その証拠をもって、お客様が「有利に離婚・親権裁判を進める」こともでき、逆に、「家族の為に相手と別れさせて家庭を再構築する」ことも可能なのです。

一人で悩まず、まずは相談してください。私達が必ず力になります。 私達は、「お客様がこうしたい」と描く未来予想図のために全力を尽くしますので、探偵が必要になった際は、是非、私達にお任せください。

私達にお任せください
ページトップ