真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第971800001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
女性専用ダイヤル| 相談窓口
098-914-1400

お知らせ

離婚の3つの方法とその特徴!~協議離婚~

三つの方法の特徴と流れを知ろう!~協議離婚


離婚には、

①協議離婚

②調停離婚

③裁判離婚

という三つの方法があります。

今回は、最も安上がりでシンプルにすむ「①協議離婚」について、説明していきます。

調停,裁判,証拠

離婚の豆知識(協議離婚)~過去記事~


①協議離婚


双方の話合いによって成立するのが、「協議離婚」です。

協議離婚の話合いでは、「未成年の子どもの親権」、「財産の清算や慰謝料」といったことを解決しなければなりません。

夫婦間で話合いを進める方法や、弁護士を立てる場合があります。

相手方が話合いに応じてくれるのは半々であり、「離婚したくない」、「話したくない」ということで、話合いに応じてようともしません。

そうした場合には、協議離婚は不可能となり、調停・裁判離婚に移行します。

◆弁護士解説によるポイント◆ 

口約束で終わらせず、必ず「許諾付き公正証書」を残しておく!

親権者、養育費、子どもの面会等の条件がまとまり、慰謝料や財産分与も決まってくると、いよいよ正式な離婚の手続きに移ります。

ただし、せっかく決まった条件を口約束だけで終わらせてはいけません。

必ず「離婚届」と同時に「契約書」、「覚書」といった形式で書面化して、双方の署名捺印をすることが必須です。

弁護士を立てない協議離婚の場合は、基本的に自分たちで作成しておかなければなりません。

ただし、「公正証書」にしたからといっても、それだけでは不十分です。

公正証書でも、「許諾付き公正証書」というものを作成してください。

「許諾付き公正証書」とは、「もし債務を履行しない場合には、強制執行を受けても異議はありません」という文言を入れた公正証書のことです。

これでないと、万が一、夫が養育費を支払わなくなった場合に、給料を差押え、退職金の差押えをすることができません。

一般的な感覚からすると、「強制執行」という言葉は強烈でインパクトがあり、必要以上に怯えてしまうことあるかもしれません。

しかし、子どもが安心して成長するためには、「許諾付き公正証書」でなければ、何の担保もありません。

協議離婚は、一般的に「安価でシンプル」な方法と思われがちですが、安上がりにすればそれだけ危険もありますので、口約束で終わることがないよう気を付けてください。

不倫旅行は探偵へ依頼

必読!弁護士選びのポイント!


HOPE沖縄探偵事務所


当事務所では、浮気・不倫調査をはじめ、素行・行動調査、犯罪に至らない身近なトラブル等についても何度も無料相談を行っています。

米軍人(軍属)との離婚問題に精通する相談員や離婚調停を経験した相談員も在籍しています。

また、離婚問題に強い弁護士やお客様の心のケアとして心理カウンセラーを紹介することも可能です。

人には相談しにくい悩みだからこそ、もう1人で悩まず、お気軽にお問い合わせ下さい!

必ずお客様の力になります!

☑はじめての方へ

☑調査料金

ARCHIVES
ページトップ