真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所真の探偵をおさがしなら HOPE沖縄探偵事務所 沖縄県公安委員会探偵業届出番号
第971800001号

24時間対応可能 | 相談無料
098-800-2162
098-800-2162
LINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能ですLINE@ラインからのご相談やお問い合わせが可能です

防犯/その他調査

防犯調査

「戸締りしているから大丈夫」「オートロックだから大丈夫」「高層団地だから大丈夫」と 安心していませんか?

大盗賊石川五右衛門(いしかわごえもん)という名前を聞いたことありますか?

彼は、石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ
(意味:自分が死に、浜辺に無数にある砂が無くなっても、この世から泥棒がいなくなることはない)

という辞世の句を残して処刑されていますが、彼の予言通り、現代社会の日本でも窃盗事件は、日々数多く発生し、それを裏付けるように刑法犯の認知件数の約7割は窃盗罪が占めています。
窃盗罪のうち、警察は、侵入窃盗(空き巣、忍び込み等)、ひったくり、すり、自動車盗を重要窃盗と呼び対策を強化しています。

皆さんは、ご家庭において「戸締りしているから大丈夫」「オートロックだから大丈夫」「高層団地だから大丈夫」と安心していませんか?
元刑事の視点から言わせてもらえれば、それだけでは決して安心とは言い切れません。

職業泥棒と言われるプロの泥棒には、手口(犯罪などのやり方、方法)いうものが存在し、泥棒は、ゲン担ぎの為その侵入手口を変更することはなく、ガラスを割って侵入する泥棒、オートロックのマンションのみを狙う泥棒、高層団地のみを狙う泥棒らと分類され、刑事時代は、その被害現場に数多く臨場し現場観察をしてきました。

そして、職業泥棒は、泥棒を生業して生活し、刑務所を出たり入ったりしているので、一般の人とは違う視線で各々の家を物色し「泥棒に入れる家」を選別して犯行を繰り返しているのです。

防犯調査

泥棒が逮捕された場合、現金、被害品は戻ってくるのか?

例えば、皆さんの自宅若しくは店舗に泥棒が入り、現金、貴金属が盗まれ、警察に被害届を出しました。
そして、暫くたってから警察から犯人逮捕の連絡を受けたとします、その際、被害額または盗まれた被害品が全て戻ってくると思いますか?
答えは、殆どの場合、NOです。

刑法には、被害品の返却義務の規定はされておらず、窃盗罪に対するその刑罰は、あくまで罪を犯した者に対するものであり、被害弁済については、損害賠償請求権(民法709条)によって生じる義務となります。

しかし、ここがポイントとなりますが、民事上の請求権に基づいて返還請求訴訟や損害賠償請求訴訟を起こし勝訴しても、裁判所が自ら犯人に対し、物を没収したり、お金を回収したりしてくれるというわけではありません。

もっと噛み砕いていうならば、例えば、相手がその日暮らしで支払い能力や資産がない場合、未成年で保護者に支払い能力がない場合等、取り立てようにも資産がない以上なかなか難しく、その結果、被害者は泣き寝入りとなってしまう場合が多いのです。

そして、よく考えて欲しいのは、泥棒というのは快楽犯ではなく、お金がないから人様のものを盗むのです。

そうした場合、例え警察に被害届を提出し、犯人が捕まったとしても、盗まれた物と同等、若しくは被害者が望む様な被害弁済がなされる可能性はありますか?

刑事時代は、被害者に対し犯人逮捕の連絡を入れても、被害者が一番望んでいる被害弁済について満足のいく結果が得られなかったのが殆どで、何度も歯がゆい思いをしてきました。

その結果、私は何とかしたいと思い、お客様のご自宅や店舗を刑事目線で現場観察をして防犯調査を行い、犯罪を未然に防ぐ手助け、警戒をしたいと思いました。
もし、ご自宅の防犯対策について少しでも心配なことがあれば、私達に連絡ください。

泥棒

その他の調査

他の調査内容についても、まずはご相談ください。

ご相談内容をお聞きして、出来る限り、お客様のご要望、力になれるようにしたいと考えています。 ただ、人権を侵害する調査、犯罪行為に結び付く調査は行っていませんし、お受けすることも出来ません。

例えば、下記のような

  • 差別につながる証拠を得る為の調査
  • ストーカー行動を助けることにつながる調査
  • 犯罪目的の調査
  • 工作行為(別れさせ工作、復縁工作等)
  • 反社会勢力若しくはその関係者等からの依頼に基づく調査

等は、固くお断りしています。

その他調査
ページトップ